水素水大百科について

 

水素水の効能や副作用についての基礎知識をはじめとして、ダイエット効果や活性酸素撃退法に、現在人気となっている水素水とサーバーを各種取り上げ、その特徴や口コミの紹介、効果について等など詳しく解説した水素水専門情報サイトです。

 

 

水素水の比較と選び方

たくさんのブランドからラインナップされている水素水。ペットボトルのような陽気には言ったものもあれば、パウチタイプのものもあり、その量も商品ごとに異なります。水素水は分子が最も小さい「水素」によって作られている飲料水ですが、他の分子よりも細かい水素が使われているため、プラスチックやアルミなどの容器素材の隙間から水素が逃げ出している可能性を考えながら商品選びをしなければいけません。

 

「プラスチックやアルミから水素が逃げるってどういうこと?」と疑問に思う人もいるでしょう。物体や成分はそれぞれ最も小さな単位まで細かくすると、分子や原子と言うレベルまで小さくすることができます。

 

そして、その中でも最小なのが水素。アルミニウムや鉄、プラスチックなどの分子よりも小さいため、分子間の隙間を通って逃げてしまうという特徴があります。水素水の場合にも、製造過程で水素を閉じ込めることは簡単ではありませんし、商品として完成されてからも水素という小さな分子は容器の素材の隙間からどんどん逃げてしまうので、水素水を飲んでいるつもりでも場合によっては、水素がほとんど入っていないということも少なくないのです。

 

そのため、水素水を選ぶ際には、できるだけ粒子の細かいアルミパウチ容器のものを選んだほうが良いでしょう。プラスチックのものだと水素がかなり抜けてしまっている可能性があるので、その場合には、水素が少し多めに入ったミネラルウォーター的な感じで飲むようにしたほうが良いですね。

 

また、水素水を選ぶときには、できるだけ一気に飲みきれる量のものを選ぶのがおすすめです。蓋をして後から飲もうと思っていても、その間に水素がどんどん抜けてしまいます。開封したらできるだけ早くに飲みきってしまうようにしましょう。最近では、ビガーブライトという商品が、開封しても蓋をしていれば48時間は水素をキープできるという特徴があるので、一気に飲みきれない場合には、そうした技術を駆使されている商品を選ぶのも良いですね。

Copyright (C) 2019 水素水&ウォーターサーバー大百科 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

水素水大百科リンク集