効果的な白髪対策方法

白髪にはいくつかの原因があり、場合によっては原因を取り除くことによって白髪が自然と黒髪に戻ることもあります。しかし、老化現象による白髪の場合には、放置していても自然に黒髪に戻る確率はかなり低く、白髪がどんどん増えてしまうことも少なくありません。白髪対策は、すでにできている白髪を黒髪に戻す、というよりも、これから白髪ができにくくなる体質を作ることを目標として行うとよいでしょう。

 

頭皮の血行を良くするための頭皮マッサージは、白髪を予防するだけでなく、抜け毛や薄毛を防止する効果もあるのでお勧めです。毛細血管から酸素や栄養素を受け取っている王発は、毛細血管の働きによって白髪になりやすかったり、黒髪をキープできたりします。頭皮マッサージによって頭皮に通っている毛細血管の働きを促進してあげることは、毛細血管から栄養素を受け取っている毛髪細胞の働きを促進することにもつながります。

 

生活習慣を改善することも大切です。体内のエネルギー量は常に決まっていて、体が疲れていたりストレスを感じていたりすると、全体のエネルギー量もダウンしてしまいます。しかも、エネルギーは内臓機能や代謝機能に使われる方が優先順位が高いため、髪やメラノサイトなどに使われるエネルギーの優先順位はどうしても低くなってしまいます。そのため、睡眠時間を確保したりストレスをため込まないように工夫して、体内のエネルギー量をトータルでアップしてあげることが、毛髪細胞にも十分なエネルギーが行き渡ることにつながります。

 

すでにできている白髪を、自然な方法で黒く戻すことはなかなか大変です。白髪ができていることで精神的なストレスになってしまうこともあるかもしれませんよね。そんな場合には、白髪を黒く染めてしまう白髪染めを使うのも良い対策方法でしょう。白髪染めの中には、髪に負担をかけないタイプのものもありますし、繰り返し使鵜ことで髪につややハリを与えてくれるものなどもあります。髪との相性を考えながら選ぶとよいでしょう。

 

 

白髪を減らす方法

白髪を減らす方法をご紹介しましょう。

 

・食生活を改善する
ビタミンやミネラル、タンパク質が不足すると、白髪になりやすくなってしまいます。アッサリ系の和食を積極的に食べるように心がけながら、栄養バランスの取れた食生活をすることによって、栄養バランスが原因の白髪なら改善することができます。

 

・生活習慣を改善する
ストレスや心配事などが原因で、白髪が増えてしまうことも少なくありません。都市伝説のように「朝起きたら髪がすべて白髪になっていた」なんてことはありませんが、ストレスを抱えることによって毛細血管が縮んでしまい、その結果、毛細血管から栄養を受け取っていた髪が栄養不足の状態になって白髪になってしまうことはあります。ストレスはできるだけため込まないように、普段からストレス解消できる何かを持っていることもおすすめです。

 

・疾患を治療する
白髪を増やしてしまうという症状が出る疾患もあります。たとえば、甲状腺異常、胃腸性疾患、マラリア、貧血などは、白髪が増えやすい疾患と言われています。こうした疾患を持っている人は、疾患の治療をすることによって白髪を減らすことにもつながります。

 

・白髪染めを使う
自然に白髪を減らす方法ではありませんが、加齢が原因で白髪になっている場合には、この方法しか白髪を減らすことはできません。加齢によってメラニン色素の働きが低下してしまうことは誰にも止めることができませんから、加齢による白髪を放置しておいても、白髪が増えてしまうだけ。それもそれでエイジングな雰囲気が出るのですが、老けて見えてしまうので嫌だという人も多いですよね。白髪染めなら、今すぐに思い通りのカラーに白髪を染めることができます。肌質や体調によっては白髪染めによってアレルギー症状が出る場合もあるので、使う前にはか習うパッチテストをするようにしてくださいね。

 

白髪を抜けば、そこから黒髪が生えてくるという都市伝説もありますが、それは抜け毛や薄毛の原因にもなってしまうのでNGです。白髪を見つけて抜きたい場合には、髪の根元からはさみでカットするようにしましょう。

 

白髪を減らす食べ物

白髪を減らす方法にはいくつかの方法がありますが、食べ物を使って白髪を減らすことも可能です。白髪を減らす、というよりは、白髪ができにくい体質や髪質を食べ物で作ることができる、と言ったほうが正確かもしれませんね。

 

・頭皮の柔軟性をアップする食べ物
髪が生えている根の部分は頭皮。その部分の頭皮細胞に十分な栄養素や酸素が行き渡るような食べ物を食べることによって、頭皮細胞の延長線ともいえる毛髪細胞にもプラスの効果が期待できます。頭皮の柔軟性をアップしたり、頭皮の血行を促進するためには、タンパク質やコラーゲンなどの栄養素がおすすめ。たとえば、ウナギ、鳥の皮、豚肉、ふかひれなどにはコラーゲンや良質のたんぱく質がたっぷりと含まれているのでお勧めです。

 

・髪に必要な栄養分を増やす
髪の主成分はタンパク質やアミノ酸ですが、その中でもアミノ酸の働きによって、髪のコシがアップしたり、髪を太くて丈夫にすることができます。アミノ酸が豊富な食べ物には、大豆製品や肉の赤み部分、乳製品や卵などがあります。

 

・メラノサイトに栄養素を与える
髪の黒さを担当しているのはメラノサイト。肌細胞に含まれているメラノサイトはシミや日焼けなどの原因となりますが、毛髪細胞のメラノサイトは、髪の黒さをキープするためには必要な成分です。メラノサイトの働きを促進する働きをしているのが、ミネラル成分の中でもカルシウムですから、カルシウムを十分に摂取すれば髪を黒くする効果が期待できます。カルシウムを豊富に含んでいる食べ物には、海藻類、牛乳、魚、豆腐、緑黄色野菜などがあります。

 

・アンチエイジング
老化現象のスピードを遅くすることによって、加齢による白髪ができにくくすることも可能です。その働きをしているのはビタミンC。ビタミンCを豊富に含んでいる食べ物には、緑黄色野菜やフルーツなどがありますが、その中でもブロッコリーには大量のビタミンCが含まれているのでお勧めです。

 

市販白髪染めの種類

ドラッグストアなどで市販されている白髪染めは、大きく分類すると4つのタイプの分けることができます。

 

・ヘアカラータイプ
白髪染めの中でも最もポピュラーで、ドラッグストアなどでもたくさんのカラーバリエーションがあるのが、ヘアカラータイプの白髪染め。自分の髪の色に関わらず、思い通りのカラーに染めることができるので、地毛よりも明るい感じに仕上げたい人に人気があります。髪の表面のキューティクルを化学成分によってはがし、そこにカラーを入れていくため、どうしても化学成分のツーンとした香りがしてしまうものも多いのですが、最近では臭いを抑えたタイプのものもたくさん登場しています。ヘアカラータイプの白髪染めは、2か月ぐらい持つというメリットもあります。

 

・ヘアマニキュアタイプ
通常のヘアマニキュアのように、髪の表面のキューティクルをはがさず、色のついたコーティング剤で髪を覆うというメカニズムで白髪を染めるのが、ヘアマニキュアタイプの白髪染め。髪に負担がかからないので、傷みやすい髪の人でも安心して使うことができます。地毛のメラニン色素を取り除くわけではないため、地毛よりも明るいトーンに染めることができないという欠点がありますが、自然な仕上がりでツヤツヤな髪を手に入れることができます。色持ちの目安は2週間〜1か月程度です。

 

・トリートメントタイプ
お風呂の中で使うトリートメントのように使えるのが、トリートメントタイプの白髪染め。天然成分を使っているので、素手で取り扱うことができますし、髪へのダメージがないのが大きな特徴です。他の白髪染めのように、一度の使用で真っ白が真っ黒になるということはありませんが、数回の使用で白髪が満足できるほど黒く染まります。毎日使うことができるので、生え際やこめかみなど白髪が目立ちやすい場所でも、目立つことなく染め続けることができるのが大きなメリットですね。

 

・一時染め
外出前に見つけた白髪を、軽くタッチアップできるのが一時染めタイプの白髪染めです。最近では髪に速攻で吸収されるタイプもあるので、雨や汗で白髪染めがにじみ出てしまうなんて言う悲劇はほとんどないようです。

 

 

白髪脱毛の方法

最近ではメンズの脱毛も人気があり、ひげを中心に胸毛や手足など、毛量を調整するために脱毛をしたり、毎日の髭剃りタイムを省略するために脱毛する人などが増えています。レーザー脱毛や光脱毛など、脱毛エステに足を運んで行う脱毛の多くは、日本人の黒い毛に含まれているメラニン色素にレーザーや光を反応させて脱毛するというメカニズムになっていますが、そうなると気になるのは、

 

「白髪になったら脱毛できないの?」

 

という部分。ストレスや生活習慣などによって、最近ではアラサーのメンズでも白髪がちらほらしている人も珍しくありません。頭髪の白髪は誰でも気になる場所なのでチェックしていても、毎日そってしまうひげや、普段はじっと見ることがない手足の毛の白髪までをチェックしている人は少ないかもしれませんよね。しかし、人間の体毛は頭髪だけではありませんから、頭髪に白髪が出てくれば、ほかの部分にも白髪が現れているはずです。

 

メンズ用の脱毛エステなどでは、メラニン色素が含まれていない白髪に対しては、施術をしても脱毛効果がないといわれています。日本国内で行われている脱毛機器は、日本人の髪質や色に反応するように作られているため、もともと毛が黒くないブロンドの人なども、残念ながら脱毛エステで脱毛することはできません。

 

それでもどうしても脱毛したいという場合には、電気脱毛という方法があります。ただし、電気脱毛は毛穴の中に針を入れて電流を流すことで毛根を破壊するというメカニズムのため、レーザーのように一度の照射で何百本もまとめて施術できるというわけではありません。つまり、気が遠くなるほど時間がかかってしまいます。また、毛穴の一つ一つに電流を流すために、激痛が走るというデメリットもあります。

 

レディースの脱毛などでも、レーザー脱毛の後にどうしても抜けない頑固なムダ毛を最終的に電気脱毛で抜く、という感じで利用されることはありますが、最初からムダ毛脱毛を電気で行う人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

 

痛みと時間との格闘を覚悟している人なら、電気脱毛も良いかもしれませんね。

 

黒ゴマでの白髪改善方法

白髪を改善する方法にはいくつかの方法があります。老化現象として白髪ができている場合には、一つの方法をトライしてもなかなか簡単に白髪を減らすことはできませんから、根気よく複数の方法で白髪を少しずつ減らしていくことが必要です。

 

食生活を改善することで白髪を減らすことができるのは周知の事実。食生活が偏っているために白髪ができている人などは、サプリメントで栄養不足を解消してあげることで、白髪を減らしたり、白髪ができにくい体質に改善することも可能です。具体的にどんな食品が白髪解消の効果があるのかというと、あっさり系の和食によく登場するような食材が理想的と言われています。たとえば、ひじき、根菜、ノリ、黒ゴマ、海藻類などですね。

 

その中でも黒ゴマは、白髪を黒髪に戻すことができるほど、白髪改善には大きな効果があります。

 

黒ゴマにはアンチエイジング効果の高いビタミン類やミネラルがたくさん含まれています。その中でも、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、鉄、マンガンなどのミネラル分はとても豊富で、冷え性を改善したり、血行促進の効果があったり、体内のアルコールを分解する働きがあったり、白髪を改善する以外にもたくさんの健康効果があります。

 

その黒ゴマの成分は、白髪の原因にもなる「メラニン色素の減少」を食い止める働きもしています。老化によってメラニン色素を作り出すメラノサイトという成分の機能が低下してきますが、黒ゴマの持っているアンチエイジング効果によって、メラノサイトの機能低下を抑制してくれるというわけです。そのため、それまで白髪で悩んでいた人でも、黒ゴマを食べることで黒髪に戻すことができたりするのだとか。

 

まさか主食にはできない黒ゴマは、少量でできるだけ効果をマックスにできる食べ方が理想的です。黒ゴマの表面は意外と固いため、そのまま粒粒の黒ゴマを食べるのは、消化吸収に時間がかかってしまうので効率的ではありません。食事に入れたりする場合には、表面の硬さを取るために擦ってから利用するようにするとよいでしょう。

 

 

酵素不足と白髪の関係

白髪の原因にはいろいろなものがあります。その一つに、酸素不足があるのですが、酸素不足と言っても体内の酸素が不足しているというわけではありません。髪の付け根部分でもある頭皮細胞や、毛髪細胞に酸素が不足してしまうと、黒髪が白髪になりやすくなってしまいます。

 

なぜ頭皮細胞や毛髪細胞に酸素が行き渡りにくくなってしまうのでしょうか?

 

もともと酸素や栄養素など、髪に必要な成分は、頭皮を通っている毛細血管を通して血液から運ばれてきます。しかし、いろいろな原因によって毛細血管の血流が低下してしまったりすると、血管の中でも末端部分の毛細血管から栄養素や酸素を受け取っている毛髪にとっては、美しい黒髪をキープできる十分な酸素や栄養素を受け取ることができなくなってしまいます。

 

毛細血管の血流が低下してしまう理由には、冷え性やストレスなどがあります。リンパ腺が詰まったりしても頭皮の老廃物が毛細血管を圧迫してしまうため、血行が悪くなってしまうこともあるようです。

 

頭部の酸素量を十分にすることが白髪を改善することにもつながるわけですが、誰でも簡単にできる改善法と言えば、頭皮のマッサージなどではないでしょうか。お風呂に入った時など、首から頭部にかけて優しくマッサージをすることによって、頭皮の細胞を刺激して、血行促進の効果が期待できます。あまり力を入れてゴシゴシとこすってしまうと、その刺激によって抜け毛や薄毛になってしまうこともあるので、力を入れずに優しく頭皮の皮を動かすような感じでマッサージしてみてくださいね。

 

また、ストレスをできるだけため込まないような生活習慣を持つことも、毛髪細胞の酸素不足の解消につながります。ストレスを感じると、血液の中で活性酸素が増加し、血液中の酸素を破壊してしまいます。慢性的なストレスを抱えていたりすると、血液中の酸素が慢性的に不足してしまうため、毛髪細胞にも十分な酸素が慢性的に行き渡らなくなってしまうので注意しましょう。

 

白髪対策商品の選び方

白髪は髪の老化現象の一つなので、誰でも遅かれ早かれ経験します。しかし、だからと言って増え続ける白髪をそのまま放置するのは嫌ですよね。どんなにお肌のお手入れをしていても、白髪が1本でもあると見た目年齢がグンとアップしてしまいますから、アンチエイジングで美魔女を目指したい人は、白髪ケアもしっかり行うようにしましょう。

 

白髪対策にはいろいろな方法がありますが、その中でもおすすめなのは、白髪染めを使う方法。化学成分が配合されているヘアカラータイプの白髪染めは、地毛よりも明るいカラーに染めることもできるというメリットはありますが、キューティクルをはがして染料成分を入れるため、髪へのダメージは否めません。一方、髪の表面に染料成分を付着させることで白髪を染めるヘアマニキュアタイプの白髪染めなら、髪へのダメージが少ないので、頭皮や髪に悩みを抱えている人にもオススメです。

 

白髪染めの選び方は、ライフスタイルやどんな色に染めたいかによって、使いやすいものを選ぶのが良いでしょう。化学成分が配合されているものは肌への刺激も強いため、染める時には手袋を着用しなければいけません。そのため、お風呂の中で染めて、放置時間の後にそのまま洗い流すことができないのがデメリットですね。

 

一方、天然成分だけで作られている白髪染めなら、素手で触っても大丈夫なので、シャンプー後にヘアトリートメントとして使える白髪染めもたくさんラインナップされています。忙しい時間の中で、できるだけ白髪を染める手間や時間を省きたい人なら、ヘアトリートメントタイプが便利です。

 

白髪は老化現象なので、誰にも止めることはできません。しかし、体内環境を改善することによって、白髪を作りにくい体質へと改善することは可能です。白髪対策ができるサプリメントを使うと、白髪を作りにくくする毛髪環境へと改善できるので、白髪染めを使わなくても白髪が目立ちにくくなるという効果が期待できます。