加齢臭の原因〜どんな生活習慣がノネナールを大量に生成してしまうか?

アラサーやアラフォーに入ると何となく気になってくる加齢臭。加齢臭というとオジサンというイメージがありますが、加齢臭はどんな原因で起きているのでしょうか。

 

加齢臭の直接の原因となるのは、体内で発生しているノネナールという分泌物です。ノネナールは体内の脂肪酸と過酸化脂質という二つの物体が結びつくと発生する物質なのですが、なんとなくわかりにくいですよね。一言で言うなら、体内の脂肪が酸化すると、ノネナールが発生すると考えるとよいでしょう。

 

若いころでも体内ではノネナールが作られています。なぜ若い人は加齢臭がしないのに、オジサンになると加齢臭がするようになるのかというと、老化現象によってノネナールの発生を抑制する機能が低下してしまうからなのです。また同じ年齢の人でも、食生活や生活習慣の違いによって、加齢臭が強烈にする人もいれば、それほど気にならないほどしか臭わないという人もいます。

 

どんな生活習慣がノネナールを大量に生成してしまうか、つまり、加齢臭の元を作ってしまうのかというと、疲労やストレスなど、体が酸化しやすい状態になればなるほど、加齢臭も強烈になってしまうようです。忙しくあわただしい生活をしていると、どうしても睡眠時間が短くなったり、生活のリズムが不規則になったりして、精神的にも肉体的にも、疲れがどっとたまってしまいますよね。そうすると、体が酸性になってしまうために加齢臭もぷーんと強烈なにおいを放ってしまうわけです。加齢臭が気になる人は、できるだけストレスをため込まないように心がけたり、体の疲れをためないように睡眠時間を確保したり、リラックスできる時間を設けるなどの工夫が必要です。

 

食生活も、加齢臭の原因となります。近年では、洋食のメニューが食卓に並ぶ家庭も多いですよね。欧米的な食生活は、どうしても脂質や糖質を多く摂取してしまうことが多いようです。もともとの日本食などは、食物繊維や低カロリーの食材がメインだったのですが、最近ではそうしたヘルシーな食材が減って、肉類など高カロリーで高脂質な食材が増えています。食生活を改善することも、加齢臭を予防することにつながります。

 

効果的な加齢臭対策〜生活習慣や食生活を少し工夫する予防方法とは

加齢臭は老化現象の一つなので、完全に加齢臭を除去する方法はありません。しかし、生活習慣や食生活を少し工夫することによって、加齢臭のレベルを下げることもできますし、加齢臭が他人から気にならないぐらいの体質に改善することも可能です。

 

生活習慣を改善して加齢臭予防をする場合には、加齢臭に拍車をかける要素を取り除くことから始めるのが良いでしょう。タバコやアルコールなどは加齢臭に拍車をかける要因ですし、ストレス体質の人も、ストレスによって体が酸化しやすくなっているので要注意。また、運動不足の人も体内で活性酸素が多く発生してしまうために、加齢臭がにおいやすくなってしまいます。

 

喫煙者なら、禁煙するか、タバコの本数を減らすなどの工夫をするとよいでしょう。アルコールを飲んでリラックスしたい人なら、アルコールの中でも血液の活性酸素を除去する効果がある赤ワインを飲むのがおすすめです。

 

また、毛穴から発生する加齢臭を最低限に抑えるためには、薬用せっけんなどを使って体を洗う方法も有効です。最近ではアラフォー以上の男性のための加齢臭予防石鹸などもラインナップされていますよね。そういうアイテムは、肌の表面を弱酸性にキープすることによって、体が酸性になりにくい肌環境を作ってくれます。薬用せっけんや薬用シャンプーなどを使って朝シャンすれば、一日の大半は加齢臭フリーで過ごすことも十分に可能です。

 

汗をかきやすい人は、汗をそのままにしないように、タオルやハンカチを常に持ち歩く習慣をつけるのもおすすめです。体内から汗が分泌されると、それが空気に含まれている酸素によって酸化して、加齢臭の原因になってしまいます。スポーツをした後にはできるだけシャワーを浴びたりして、汗を肌の表面に残さないような工夫をするとよいでしょう。

 

食事の改善も、加齢臭対策として有効です。脂質と糖質はできるだけ避け、食物繊維や善玉菌などが豊富なあっさり系和食を積極的に食べるようにしましょう。体内の脂質が低下することによって加齢臭が発生しにくい体質を作ることができます。

 

女性の加齢臭対策方法〜女性ホルモンのバランスを正常な状態にキープ!

加齢臭は男性だけの特権だなんて思い込んでいませんか?確かに、女性よりも男性のほうが皮脂分泌が活発なので、加齢臭もにおいやすいようです。しかし女性も年齢とともに加齢臭の原因でもあるノネナールを除去してくれるホルモン分泌が低下してしまうために、普段の生活に気を付けないと加齢臭が漂う体質になってしまいます。

 

年齢に関係なく、いつまでも美しくありたい女性。そんな志を持っているところに加齢臭がぷーんと漂い始めたら、ショックも大きいですよね。そのためには、加齢臭がにおいにくい生活習慣や食生活を徹底的に心がけることが必要です。

 

最近ではアラサーの女性でも加齢臭が漂う人が増えているそうです。女性の男性かが進んでいることも理由の一つかもしれませんが、見込んで男性よりもバリバリと仕事をこなす男性のようなライフスタイルを送っている女性が増えていることが、女性の加齢臭人口増加の理由と言われています。

 

女性はもともと女性ホルモンのバランスが崩れやすいため、ちょっとした疲れやストレスなどによって女性ホルモンのバランスが崩れやすくなってしまいます。特に、男性ホルモンが多い女性の場合には女性ホルモンのバランスも一層崩れやすいのだそうです。女性ホルモンには、加齢臭などのいやなにおいを抑制してくれる作用があるので、女性ホルモンがバランスを崩してしまうと、加齢臭が臭いやすくなってしまうわけですね。加齢臭をできるだけシャットアウトするためには、女性ホルモンのバランスを正常な状態にキープすることがカギとなります。

 

女性が努力しているダイエットも、実は加齢臭に拍車をかけてしまうことがあります。ダイエットによって食事制限をすると、体内では脂肪酸が積極的に作られるようになってしまいます。脂肪酸が酸化するとノネナールとなってしまいますから、加齢臭対策としては食事制限系ダイエットはNG。バランスよく食べて体を動かすダイエットへと切り替えたほうが良いかもしれませんよ。

 

男性の加齢臭対策方法〜誰にでも簡単にできる加齢臭対策とは

加齢臭=オヤジ臭なんていわれているぐらい、アラフォー世代以上の男性に広く浸透している加齢臭。女性よりも皮脂分泌が活発で、香水などでごまかしている人も少ない男性のほうが、やはり加齢臭で悩んでいる人も多いようです。

 

加齢臭は体全体の毛穴からにおってくるため、特定の場所からのみ漂う臭いではありません。しかし、もともと皮脂分泌が盛んな場所ほど、加齢臭も強烈なにおいを放つのは自然の原理。脇の下なども加齢臭がにおいやすい部分ですが、実は首の後ろの襟元部分も、加齢臭がにおいやすい部分なので気を付けなければいけません。

 

加齢臭の原因でもあるノネナールは、男性でも女性でも年齢とともに分泌されやすくなってしまいます。若いころにはノネナールを除去してくれるホルモンもたっぷりと分泌されていますが、年齢とともにホルモン分泌が低下してしまうために、どうしても臭いやすくなってしまうわけですね。ノネナールそのものの分泌をストップさせることは難しいため、男性の加齢臭はできるだけ他人からにおわないような対策が必要です。

 

誰にでも簡単にできる加齢臭対策があります。それが、毎日のお風呂で確実に体を隅々まで洗うという方法。

 

お風呂の中でいつも通り体を隅々までしっかり洗っているつもりでも、意外と洗い忘れている場所ってあるかもしれません。男性の加齢臭がにおいやすいのは、背中や耳の後ろなど。背中はもともと手が届きにくい場所なので、時間をかけずに適当に洗って済ませてしまう人も多いのですが、加齢臭が背中からぷーんと臭わないためには、時間をかけてブラシやタオルと駆使して洗うようにしましょう。

 

また、耳の後ろも意外と洗い忘れ安い場所。耳の後ろはシャンプーで洗うべきか、ボディソープで洗うべきか、と悩む人もいるかもしれませんが、頭部なので洗顔剤で洗っても良いでしょう。ゴシゴシこすれない場所ですが、指を使って時間をかけて丁寧に洗うようにするとよいでしょう。

 

加齢臭対策商品の選び方

加齢臭の原因は、体内から分泌されるノネナール。この成分は若い時でも体内では生成されていますが、若い時には体内で抗酸化作用が働くため、肌の表面にノネナールが出てきて加齢臭を漂わせるという事はありません。しかし、体の老化現象によってノネナールが体内で抗酸化成分によって完全に分解されなくなってしまうと、肌の表面からノネナールが分泌されてしまいます。そして、それを雑菌たちがエサとして食べて増殖すると、加齢臭が臭ってしまうことになります。

 

加齢臭対策のためのアイテムはたくさんのブランドからラインナップされていますが、大きく分類すると、抗酸化成分によってノネナールの分泌を阻止するタイプ、雑菌を殺菌してノネナールを雑菌のエサにしないタイプ、毛穴の中までスッキリお掃除して肌表面のノネナールを最大限に除去することで臭いをコントロールするタイプに分けることができます。

 

どの方法が自分に合っているのかは、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。例えば、営業のお仕事や外回りのお仕事をしていて、汗をかくことが多い人や、接客業でどうしても臭いたくない場合などには、体内にたっぷり抗酸化成分を注入することによって、ノネナールが臭いにくい体質を作ると良いですし、消臭ソープなどを使って毛穴の中まで確実に加齢臭の原因となる成分をすっきりお掃除してあげる方法もおすすめです。また、加齢臭がそれほどキツイわけではないけれど、できるだけ臭わずに1日を過ごしたいという場合には、殺菌作用や抗菌作用が高い成分がギュッと凝縮されている消臭石鹸や消臭スプレーを使って、外出前にシャワーを浴びるのが効果的です。

 

加齢臭対策は、1つの方法だけではなく、いくつかの方法を合わせて同時進行で行うのが効果的です。ノネナールは耳の裏や首の後ろあたりから臭いやすくなるため、この部分は常に清潔な状態をキープし、汗や皮脂がたまらないようにこまめにサッと殺菌作用のある成分でふいてあげる習慣をつけることも良いでしょう。

 

体臭/加齢臭/口臭予防で人気の「臭ピタッ!」の詳しくはこちら