安いwimaxとは

ポケットWifiとして大人気のモバイルルーターは、複数の業者から提供されているサービスなので、インターネットをどこでどんな風にどのぐらい使いたいのかなどライフスタイルに合わせてピッタリのサービスプロバイダを選ぶことができます。特定の携帯キャリアを利用していることによって少しでもディスカウントできたらいいな、という人にとっては、携帯キャリアとして人気のAUでも知られているKDDIグループのネットワーク企業となるUQコミュニケーションズからラインナップされているUQ WiMAXは注目したいプロバイダなのではないでしょうか。

 

携帯電話でAUを使っている人にとっては、ネットワーク企業のUQ WiMAXを利用することで、毎月の利用料がお得になったり、キャンペーンでキャッシュバックをもらえるなどの特典がついています。例えば、AUスマートバリューMINEを契約している利用者なら、毎月の利用料が最大で934円ディスカウントしてもらうことができますし、愛書に契約する時には1万円をキャッシュバックとして受け取ることができます。

 

しかし、毎月の利用料金だけを比べると、UQ WiMAXは業界最安値というわけではありません。業界最安値で高品質のサービスを利用できるプロバイダと言えば、やはりBroadWiMAXです。ちなみに2年間利用した場合にかかるトータルコストを比較してみると、UQ WiMAXだと91740円かかることになりますが、BroadWiMAXだと71544円と2万円近くお得になります。もちろん、このトータルコストはキャンペーンやディスカウントなどを適用して計算しているので、AUユーザーにとってもモバイルルーターを使うならBroadWiMAXの方が長期的にはお得ということになります。

 

こうしたプロバイダサービスの中には、特定の携帯キャリアを利用している人にとっては毎月のディスカウントが楽しくてお得ということはありますが、モバイルルーターのプロバイダサービスに限ってはBroadWiMAXがコスト的に最も最安値ということになります。受けられるサービスはどれもあまり変わりませんが、屋外基地を増設しているBroadWiMAXなら、全国どこに住んでいても快適なネット環境を利用できそうです。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらに詳しくはこちら

 

wimaxが安い時期とは

wimaxは、申込んでから最初の24か月間は、驚くほどの激安価格で利用することができます。これは随時行われているキャンペーンなのですが、期間限定というわけではなく、wimaxを申し込んだ人は全員が受けられる特典となっています。wimaxには、ライトプラントギガ放題プランの2種類がありますが、どのぐらい安い時期があって価格がどのぐらい安くなるのかをご説明しましょう。

 

ライトプランを申し込んだ場合、申込んだ開始月は日割りでの計算となります。そのため、損をする事がなく、サービスを利用した日分だけ費用を払うことになります。翌月から1か月目のカウントがスタートし、24カ月目までは、通常の月額料金よりもリーズナブルな2726円が適用されることになるので、毎月600円お得ということになりますね。25か月目以降は、毎月の料金が3326円と通常料金となり、そこからは料金が上がることはありません。

 

ギガ放題プランを利用する場合には、サービスを申し込んだ開始月は日割り計算となり、翌月目から1か月目としてカウントがスタートします。1ヶ月目から2か月目までの2か月間は、通常料金よりも1285円お得な2726円で利用することができ、3か月目から24か月目までは3411円の利用料金となります。この料金でも通常料金よりも600円安いので、どちらのプランを選んでも、最初の24か月間はリーズナブルに利用できるということになりますね。ちなみにギガ放題プランの場合には、25か月目からは月額料金が4011円かかることになりますが、それ以上高くなることはありません。

 

法人向けのサービスとなっているBroadWiMAXの場合には、毎月の支払いにおいて請求書払いにも対応しています。請求書払いの場合、毎月払いではなく1年間分をまとめて一括払いするというプランにも対応しているので、ぜひカスタマーサービスに問い合わせてみてはいかがでしょうか?その他にかかる事務手数料やオプショナル料金などについても、他のモバイルルーターサービスよりもリーズナブルなので、お得ですよ。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら

 

wimaxの安いプロバイダとは

業界最安値でモバイルルーターを利用できると大人気のBroadWiMAXは、申し込みから解約までの平均期間が3年以上ととても長く優良なインターネットサービスです。BroadWiMAXのように安いプロバイダを利用する際には、なんとなくサービスの質が心配になってしまいますし、実際にお試し的に使った上で続けるかどうかを決めたいという人は多いですよね。一般的なプロバイダを利用する場合、お試し的に使ってみるということができないため、契約をして使い始めて気に入らないから乗り換えたいという時には、解約金が発生することになります。

 

しかしBroadWiMAXの場合には、満足補償がついているのでその点はとても安心です。もしもBroadWiMAXを契約して使ってみたけれど気に入らないという場合には、BroadWiMAXが紹介する別のプロバイダに乗り換えれば、解約金などが発生することなくそのまま快適なネットを使い続けることができるのです。

 

BroadWiMAXを他のプロバイダと比較した場合、キャッシュバックを考慮するとかなり他よりも安く利用できることが分かります。例えばプロバイダの中でもキャッシュバックが充実していることで知られているGMOと比較してみると、3年間ずっとキャッシュバックを受け取った場合にかかるサービス利用料は、BroadWiMAXだと12万円なのに対してGMOでは124000円と少し高くなっています。この時点ですでにBroadWiMAXの方がお得なのですが、キャッシュバックを受け取り損ねた場合には、GMOだともっと料金が高くなってしまいます。一般的なプロバイダによるキャッシュバック受け取り率は50%程度と言われていますが、BroadWiMAXの場合には利用料金から直接割引分が差し引かれて請求書が送られるシステムとなっているので、受け取り損ねるリスクがとても低く、BroadWiMAXを利用していれば必ず最大限のお得をゲットできるシステムとなっています。

 

プロバイダの利用にかかる料金は、業者ごとに異なります。高い所もあれば安い所もあるわけですが、少しでもプロバイダ料金を安く抑えるなら、BroadWiMAXの回線とセットで申し込むのがベストですね。その場合には、請求書もすべてBroadWiMAXからまとめての請求となるので、支払いの手間もかかりません。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらに詳しくはこちら

 

wimaxの安いプラン

インターネットを申し込みたいなと考えているけれど、昼間は仕事で夜も忙しく、家に帰ってくるのは寝る時だけ、という人は多いですよね。そんな人にとって、ほとんど使わない自宅用のインターネットを申し込むことには抵抗がありますし、どれだけ使えるのかなという不安もあるのではないでしょうか。いつでもどこでも自分がいるところで自由に使えるモバイルタイプのルーターの方が、実用的で使い勝手も良いと思いませんか?

 

そんな人の希望を叶えてくれるのが、wimaxです。法人契約なら月額利用料金は毎月たったの2726円と業界トップレベルの最安値を実現していますし、どのぐらいインターネットが必要なのかによってプランを選ぶこともできます。モバイルタイプなので、最初に工事が必要になることはもちろんありませんし、インターネットに接続されているオフィスでなくても、移動中や公園、カフェなどどこででも必要な時にサッとネット接続できるのが魅力です。

 

wimaxの料金プランは2つあります。月額料金を出来るだけ安いプランにしたい人には、月額2726円のライトプランがおススメで、こちらはメールのチェックをしたりサイトを閲覧することがメインの人におすすめのプランですね。通常の月額料金は3326円ですが、最初の24か月間はキャンペーンを利用して通常よりも600円お得な料金で利用できます。

 

もう一つのプランは、プレゼンなどで頻繁にネットを利用する必要がある人にピッタリのプランで、月額料金は4011円となります。しかし、こちらのプランもディスカウントサービスがあり、最初の2か月間は通常価格よりも1285円も安い2726円で利用することができ、その後24カ月までは月額3411円と通常価格よりも600円安く利用できます。また、ギガ放題プランの場合には、ハイスピードモードならデータアクセス制限なしで利用できますし、AUの4G LTEエリアでは毎月7GBに制限がかかりますが、他の業者及びライトプランと比べるとかなりハイスピードでネットを利用できるのが魅力です。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら

 

おすすめの安いwimax

モバイルルーターでいつでもどこからでも自由にアクセスできるというだけでなく、毎月かかる月額料金が業界最安値を誇ることで人気のwimaxは、インターネットをいつも身近に置いておきたい人におすすめのサービスです。一般的なネットの接続は、ADLS回線でも光回線でも、基本的には自宅で使うことになるので、外出中には利用することができませんよね。外出したり外泊することが多い人だと、利用する機会があまりないのに毎月の月額料金を払わなければいけないことになってしまいます。

 

また、外出先からはスマホを使ってネットに接続するという人も多いのですが、スマホのネット接続は、使えば使うほど料金がどんどん高くなるので、コスパ的には良くありません。自宅からの接続と同じぐらいのコスパでどこからでもネットを利用したいなという人にとっては、コンパクトなモバイルルーターを提供しているwimaxのサービスが一押しです。基本的にはネット回線が全く使えないバスや電車の中とか、カフェや公園など、どこからでもネットに接続できますし、レスポンスがとても速いので、イライラすることもありません。

 

さらに、会議の場所などでは、ネットがなければ資料を共有することが難しかったり、わざわざ印刷をして情報を共有するということが多かったですよね。しかしwimaxを使うと、それぞれのスマホやタブレット、パソコンを全て同じルーターに接続できるので、資料の共有がとても簡単になります。プリントアウトをする必要もなくなるので、とても便利なサービスと言えるでしょう。

 

それだけではありません。wimaxはモバイルルーターでどこにでも携帯できるので、申込んだ時に初期工事などは一切必要ありません。ルーターを申し込むと自宅に配送され、そこからすぐにネットに接続して使い始めることができるのです。また、コンパクトなのでバッグに入れても重たくありませんし、パソコンやタブレットとセットで持ち歩くのがおすすめです。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらに詳しくはこちら

 

1年が安いwimax

wimaxの料金設定は、最初の24カ月はとても安く利用できるシステムとなっているのが特徴です。wimaxにはライトプラントギガ放題プラントがありますが、ライトプランの場合には月額料金が3326円の所を、最初の24カ月は600円安い2726円で提供していますし、ギガ放題プランでも、最初の2か月は月額料金よりも1285円も安い2726円、そして次の22か月間も通常料金より600円安い3411円で提供しています。そのため、他のモバイルルーターサービスと比較すると、驚くほどに安く利用できるという特徴があります。

 

wimaxは法人契約ができるネットサービスですが、法人の場合には毎月請求書が送られてきて、それに対して料金を支払うというのはとても面倒なものですし、うっかり払い忘れが起こってしまうかもしれませんよね。そのため、wimaxでは、請求書払いで1年分の料金をまとめて払えるプランもラインナップされています。ネットではそうしたサービスについては説明されていませんが、wimaxのフリーダイヤルのカスタマーサービスに問い合わせると、1年間のまとめて請求をする事のメリットや料金について詳しく教えてもらうことができます。ぜひチェックしてくださいね。支払い方法を1か月ごとではなく1年ごとにしても、基本的な契約期間などは変わることはありません。

 

wimaxの支払い方法は、請求書払い以外にも口座振替やクレジットカード払いがあり、それぞれ利用者のニーズや希望に合わせて選ぶことができます。口座振替の場合には、毎月手数料として200円がかかることになり、請求書払いの場合には毎月300円がかかることになりますが、カード払いの場合にはそうした手数料は一切かからないので、とても便利な払い方と言えるのではないでしょうか。

 

wimaxに申し込む際には、モバイルルーターに加えて充電器やクレードル、バッテリーなどをオプションとして申し込むことができます。これらのアイテムはwimaxを使い始める時に必要となるものなので、忘れずに申し込みたいですね。また、毎月かかる料金ではなく買取なので、最初の月だけは必要に応じてそうしたオプション料金がかかることも理解しておくと良いでしょう。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら

 

安いwimaxの比較

wimaxに申し込むと、複数のプロバイダからサービスによってえらぶことができます。現在インターネット回線を利用している人は、SO-NETやBIGLOBEなどのプロバイダにも加入しているはずで、もしもwimaxでも利用できるプロバイダなら、そのままプロバイダ契約は解約することなく、サービスをwimaxへ移行するだけでそのまま使うことができます。インターネット回線接続業者の中には、プロバイダ料金が含まれている所もありますが、wimaxのように含まれていない場合にはプロバイダ業者を自分で見つけて申し込む作業が必要です。wimaxではいくつかのおすすめプロバイダがラインナップされているので、比較しながら少しでも安い所を見つけるのがおすすめです。

 

wimax対応のプロバイダの中でもおすすめなのは、とくとくBBですね。こちらは最大で3万円を超えるキャッシュバックを開催していることが多いので、うまくタイミングを合わせればとってもお得に利用できるというメリットがあります。毎月かかる料金は3609円となり、業界最安値レベルの安さとなっていますよ。

 

通常のネット回線でも人気のSO-NETは、wimaxにも対応しています。このプロバイダを利用する場合には、毎月かかる料金はwimaxの月額料も合わせて3695円となりますが、利用開始月は無料となるので、お得ですよね。SO-NETでもキャッシュバックキャンペーンをしていて、申込むと2万円程度のキャッシュバックをゲットできるだけでなく、3か月間はサービスが無料になるので、最初はとくとくBBよりも安く利用できるというメリットが期待できます。

 

BIGLOBEもおすすめです。こちらはキャッシュバックの金額は最大で15000円となり、とくとくBBとかSO-NETと比較するとイマイチ感は否めませんが、月額割引料金と合わせると合計で6万円以上のディスカウントが期待出来るという特典がついているプロバイダーです。

 

ちなみにブロードwimaxを利用する場合には、月額料金は業界最安値の2726円となり、早ければ申し込んだ翌日から利用できるという素晴らしいメリットがありますし、キャンペーンを利用すると最初にかかる費用の18000円程度を割引してもらえるというサービスも受けることができます。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらに詳しくはこちら

 

wimaxの安いキャンペーン

wimaxは、最初にかかる料金が安くなるキャンペーンを利用して申し込むのがお得です。wimaxに申し込むと、最初に現地に作業員がやって来て工事をするような初期工事費用は一切かかることはありませんが、モバイルルーターを購入する費用は1台当たり18857円程度かかることになります。法人の場合、1台だけの契約ではなくて複数台を契約することもあるため、そうなると初期費用としてかなりまとまった金額がかかってしまうことにもなりかねませんよね。しかしキャンペーンを利用すると、このモバイルルーターの購入費用が何と0円になるので、とってもお得になります。

 

wimaxの初期費用がいキャンペーンは、随時開催されていて、期間限定ではありません。ちなみにいくらまで初期費用が安くなるのかという点についてですが、1台当たり18857円の初期費用が無料になり、最大で10台まで、価格にすると20万円までを割引してもらうことができます。つまり、11台を申し込んだ場合には、10台分20万円が割引されるので、最初にかかる費用は1台分の18857円ということになります。これはモバイルルーターの導入を検討している企業にとっては、とても便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

 

それだけではありません。とりあえず1台を契約して使ってみて、良ければ台数を増やしたいという場合でも、この初期費用割引を適用することができます。一度に申し込んだ台数だけを割引してもらえるのではなく、後から申し込んだ分についても割引してもらうことができるので、実際にwimaxを使ってみて便利さを実感した上で台数を増やすという賢いビジネスオーナーにとっては、とても嬉しいサービスと言えるのではないでしょうか。

 

さらに、wimaxを新規で3代以上申し込んだ法人には、なんと新品のノートパソコンもしくはタブレットを無料でプレゼントしてもらえるキャンペーンが開催されています。キャンペーンなので、在庫がなくなり次第このサービスは終了となってしまいますし、無料でゲットできるものなので、返品とか交換などは受け付けていませんが、外出先でタブレットが必要かなと考えていた人なら、無料でゲットできるのですから、とてもお得と言えるでしょう。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら