女性の薄毛悩み解決方法

女性の薄毛は男性よりもずっと深刻。男性のように潔く坊主にすることができませんから、薄毛で悩んでいても、周囲に気づかれないような方法を模索しなければいけません。もしかしたら自分は薄毛かもしれないと思ったら、できるだけ原因を取り除くように生活習慣や食生活を改善するとともに、髪が生えてきやすい頭皮環境や毛髪環境、そして体内環境を整えてあげましょう。

 

女性の薄毛には、
■極度のダイエット
■冷え性による血行不良
■出産によるホルモンバランスの崩れ
■慢性的な疲労やストレス
などが原因となっていることが多いようです。頭皮には毛細血管がたくさん通っていて、その毛細血管を通して頭皮細胞や毛髪細胞は酸素や栄養成分を受け取っています。十分な酸素や栄養成分が行き渡らないと、その部分は薄毛になりやすくなってしまいますし、髪も黒髪をキープしにくくなるので白髪が増えてしまいます。

 

女性の薄毛を解決するためには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。

 

■とにかくリラックス
仕事をしていたり、家事と仕事、仕事と育児などの両立で毎日が忙しくてストレスまみれの人にとっては、リラックスするだなんて非現実的な贅沢かもしれません。しかし、女性の薄毛は、女性ホルモンの分泌を活発にすることによって自然と解消できる可能性も高いものです。

 

几帳面な正確の人や責任感の強い人は、意識して細かいことは気にしない性格へと改善してみることも、薄毛改善につながります。また、疲れやストレスを体内にため込んでしまうのはNG。ストレス解消法を持っていない人でも、くだらないテレビで笑ったり、早めに就寝してグッスリと眠るだけでもストレスや疲れは解消できますし、ホルモンバランスも改善されます。できるだけ自分が「楽しい」「幸せ」と感じることができるような時間を過ごすように心がけていれば、薄毛も少しずつ改善されていきます。

 

■ダイエットはしない
ダイエットをする女性の多くは、食べ物を制限することで減量しようという人が多いようですよね。そうではなく、体重を減らしたい場合には運動をするようにしましょう。運動するのが嫌なら、ダイエットはしないのが薄毛にとっては最適です。

 

美容室での女性の薄毛対策

薄毛で悩む女性の数は年々急増しているので、女性たちが定期的に通う美容室でも、薄毛対策や育毛ケアを取り入れているサロンが増えています。女性は男性と比べると女性ホルモンという強い見方があるので、女性ホルモンの分泌を活発にすることができれば、自然と髪も生えやすいと言われています。また、美容室でちょっとした工夫をすることによって、それまでは気になって仕方なかった薄毛も、周囲に全く気付かれないまでに改善することも可能です。

 

女性の薄毛は、薄毛の原因がどこにあるのかを知ることが大切です。

 

■頭皮の表面
■血行不良

 

この二つの原因は、同じ薄毛という症状を引き起こしていても、薄毛を改善するプロセスがまったく異なります。例えば、パーマやヘアカラーを頻繁に行っていた人なら、頭皮の表面が慢性的なダメージを受けてカサカサに老化してしまっていることも考えられます。その場合には、頭皮環境を改善するためのスカルプケアが必要と言えるでしょう。パーマやヘアカラーをしばらくお休みするだけでも頭皮環境はずいぶん改善できるので、薄毛の原因を少なくして薄毛の症状も改善することができます。

 

頭皮には、数多くの毛細血管が通っています。毛細血管は血管の末端部にある細い血管なので、ちょっとした原因でも詰まってしまったり、流れが悪くなってしまうことも少なくありません。頭皮の毛細血管は、頭皮細胞や毛髪細胞に酸素や栄養素を与えている大切な役割をしています。

 

しかし、十分な酸素や栄養成分が送られなくなってしまっても、健康被害が出るわけではないので、なかなか自覚しにくいものです。頭皮の毛細血管を活性化することによって、薄毛や白髪などのトラブルを改善することができるので、美容室でも血行不良の薄毛と判断した場合には、頭皮のマッサージを行ったりして、血行を良くするケアが取り入れられます。

 

美容院は、毎回コロコロと変えるのではなく、できればいつも同じ美容院がおすすめ。頭皮の状態なども定期的にチェックしてもらうことができるので、薄毛対策にも的確なアドバイスをもらえるはずです。

 

女性の薄毛をカバーできるヘアカット方法

男性よりもずっと深刻な女性の薄毛。女性だと男性のようにスポーツ刈りや坊主、またはスキンヘッドのように潔いヘアスタイルにすることができませんから、薄毛との向き合い方も男性とは異なります。女性は、髪が薄くなってくるとショートヘアにするかロングヘアにするのか悩む人も多いのですが、実はロングヘアよりもショートヘアのほうが薄毛を上手にカバーすることができます。

 

女性の薄毛をカバーできるヘアスタイルのポイントは、「ボリューム」。極端に言うなら、都会的なストレートヘアよりも、サザエさんのようにフンワリパーマがかかっている髪型のほうが、薄毛をカバーして目立たなくすることができます。すでに髪が薄くなってしまっているところにパーマをかけることについては、不安や恐怖もあると思います。薄毛の毛根に負担をかけることなくパーマをかけれるような技術を持っている美容室を選ぶことも大切ですね。

 

また、ヘアカットの方法によって、薄毛をカバーできるだけでなく、育毛効果が期待できることもあるのだとか。髪は長くなればなるほど、重さによって頭皮付近のボリュームは出にくくなります。これは重力の法則なので、健康な人でも薄毛が気になる人でも同じ。薄毛が気になる場合には、頭皮に近い部分にボリュームが出るようなヘアスタイルにカットするのもおすすめです。

 

セミロングにカットしてもらう時でも、ボブのようにレイヤーが全く入っていないヘアスタイルでは、頭皮の付近のボリュームのなさが目立ってしまいます。トップや顔回りにレイヤーを入れることによって、髪に立ち上がりができるので、薄毛も目立たなくなります。どんなヘアスタイルが良いのかは、美容室の人と相談してみてくださいね。自分自身の髪質や、薄毛が気になる部分、顔の形などによって、自分にピッタリの髪型を見つけることができるはずです。

 

女性の薄毛で気を付けたい点は、女性の場合には、その原因はほとんど、体の内側にあることが多いという点です。仕事や人間関係でのストレスが薄毛を引き起こしてしまうこともありますし、慢性的な疲れや偏った食生活によってホルモンバランスが崩れてしまうことが原因になることも。薄毛をヘアスタイルだけでカバーするのではなく、できるだけ原因を取り除くように工夫したり生活習慣を改善することもおすすめです。

 

若い女性の薄毛原因

薄毛やハゲは老化現象の一つ。男性でも女性でも、年齢とともに遅かれ早かれ、髪のトラブルも現れてきます。しかし、最近では薄毛やハゲなどとは無縁に思える年齢の人、男性はもちろん女性でも、薄毛や脱毛症などのトラブルで悩まされる人が多くなっています。とくに若い女性にとっては、薄毛ってショックですよね。若い女性が薄毛になってしまうのは、どのような原因があるのでしょうか?

 

■ダイエット ダイエットは万病のもと。体のあらゆるところにトラブルを引き起こす可能性が高いものです。ダイエットにもいろいろな種類がありますが、栄養バランスが偏るダイエットや、断食など極端なダイエットをしていると、体内で髪を作るたんぱく質が不足しやすくなってしまいます。不足していると髪を作ることができないので、薄毛になりやすくなってしまいます。

 

■間違ったヘアケア シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどを間違った使い方をしていると、髪や頭皮に大きな負担を与えてしまうだけでなく、薄毛の原因にもなります。頭皮という肌は、賛成に傾くとバクテリアが繁殖しやすくなったり、分泌された皮脂が酸化しやすくなってニオイの原因になるなど、あまり良いことはありません。その為、シャンプーなどは頭皮を弱酸性の状態や弱アルカリ性の状態にキープできるようなものが優秀だと言われています。

 

しかし、頭皮にとってはプラスになるものでも、髪にとってはマイナスになってしまうこともあります。髪はアルカリ性にとても弱く、ヘアケア製品に含まれているアルカリ成分によって表面が削り取られ、細くなってしまいます。シャンプーをきちんと洗い流さない人は、髪に残ったアルカリ成分によって髪が少しずつ削られて細くなり、そのうち薄毛や脱毛症のトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

 

■毛根への刺激 パーマやヘアカラーなどは、強力な化学薬品を使って髪の根元から強烈な刺激を与えてしまいます。そうした行為を何度も繰り返しているうちに、毛根は少しずつダメージが蓄積されて抜けやすくなってしまいます。パーマやヘアカラーは、できるだけ頻度を開けて行うようにしましょう。

 

市販シャンプーと女性の薄毛の原因について

女性の薄毛が増えていると言われています。女性の薄毛はホルモンバランスが崩れていることや、慢性的なストレスや疲労が原因となっていることも多いのですが、極端なダイエットによって体内の栄養バランスが崩れてしまうことによっても髪に薄毛や脱毛症などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

それだけではありません。市販のシャンプーが女性の薄毛を引き起こしていることもあります。

 

市販のシャンプーは、髪を洗うテクニックがあまりない人でも、できるだけ汚れを落とせるように、洗浄力が強力になっているものが多いようです。また、シャンプーをした後にサッパリと爽快感を得ることができるものは人気が高いため、女性用のシャンプーでも、さっぱり感の強いものが主流となっています。シャンプー後のさっぱり感は、頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまっていることも 多く、それによって頭皮や髪が必要としている成分が不足してしまうことにもつながります。

 

市販のシャンプーが原因で薄毛になる場合には、ある日突然髪が少なくなったり、薄くなったりするというわけではありません。毎日の生活の中で少しずつ薄毛の兆候がいられて進行していくので、ポイントを押さえておけば薄毛がスタートする前にキャッチして、薄毛をストップすることができます。

 

その一つが、癖毛。癖毛は生まれつき持っている人もいますが、生活習慣や食生活によって癖毛が強くなったりマイルドになったりすることも少なくありません。もともとの髪がストレートな人でも癖毛の人でも、今までよりもクセが強くなったなと感じたり、髪が波打つような症状を感じたら、もしかしたらそれは薄毛の兆候かもしれません。生活習慣や食生活を出来るだけ改善したり、ストレスや疲れを慢性的に蓄積してしまわないように工夫することで、薄毛を予防できます。

 

また、癖毛ではありませんが、枝毛も薄毛の兆候になることがあります。健康な髪は毛先が避けてしまうことはなく、枝毛ができるのは髪の繊維がダメージを受けているということ。キューティクルが薄い人は特に、ちょっとしたダメージや摩擦によって枝毛になりや少なるので注意しなければいけません。

 

枝毛が進行すると、ダメージを受けた毛先周辺に栄養が行き渡りにくくなり、そこから髪全体へのダメージへとつながってしまいます。枝毛は放置せずにカットしたりトリートメントで修繕するなどしましょう。

 

自宅でできる女性のための薄毛用ヘッドスパ

女性の薄毛の原因は、ストレスや疲れ、ホルモンバランスなど体の内側に潜んでいることも多いのですが、頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうことが原因となることも少なくありません。女性は男性よりも皮脂分泌が少ないので、皮脂が毛穴に詰まったり、皮脂の分泌が過剰すぎて頭皮にニキビができてしまうということは少ないのですが、シャンプーやヘアケアなどが原因で皮脂分泌が過剰になってしまったり、毛穴が詰まってしまうことが多いようですね。

 

毛穴や頭皮のトラブルは、放置しておくと薄毛の原因にもなってしまいます。できるだけ定期的に頭皮ケアをしてあげることが、薄毛の予防や開園へとつながります。その中でも誰でも簡単にできる方法がヘッドスパという方法です。

 

ヘッドスパは、美容院などでトリートメントを受けることもできますが、コツを覚えれば自宅で自分でヘッドスパをすることも可能。方法はとても簡単です。

 

■ブラッシング
髪のもつれをほぐすと同時に頭皮の血行を良くするために、最初にブラッシングをしましょう。

 

■クレンジング
ヘッドスパは、頭皮の毛穴に詰まっている汚れや皮脂などを落としながら血行を良くするマッサージを行います。美容院で受けるヘッドスパでは、特別なオイルが使われますが、自宅でお金をかけずにヘッドスパをする場合には、メイク落としのオイルで代用できます。メイク落としのオイルを頭皮にまんべんなく乗せ、指の腹を使ってシャンプーをするような感じで頭皮に詰まっている汚れや皮脂などを落としましょう。マッサージの時間は2分から5分程度。場合によってはオイル成分がダラダラと垂れてくることもあるので、タオルで拭いたりしながら続けてくださいね。

 

■洗い流す
マッサージが終わったら、ぬるま湯で洗い流してください。そして、すぐにシャンプーとコンディショナーをして、頭皮の状態を整えましょう。シャンプーは頭皮のみを洗い、コンディショナーは毛先を中心に髪だけにつけるようにしてくださいね。

 

女性の抜け毛の原因

女性の抜け毛にはいろいろな原因があります。

 

■ホルモンバランス
男性ホルモンと比べると女性ホルモンはとてもデリケートなので、ちょっとした疲れやストレスなどによって簡単にバランスを崩してしまいます。ホルモンバランスは、年齢やライフスタイルに関係なく、誰でも崩しやすい可能性を秘めていますが、更年期などで女性ホルモンの分泌量が総合的に減ってくる時期や、妊娠や出産などでホルモンバランスが崩れてしまう人は多いようですね。

 

ホルモンバランスが原因の抜け毛の場合には、リラックスしてあまりクヨクヨしないようにしていれば、半年ぐらいで抜け毛は改善されていくことが多いようです。また、更年期の場合にはリラックスしても女性ホルモンが分泌されるわけではないので、イソフラボンなど女性ホルモンとよく似た働きをする成分を積極的に摂取するようにすることもおすすめです。

 

■頭皮
抜け毛の原因が頭皮にあることも少なくありません。不潔にしていたり、髪を十分に洗っていなかったり、また、ヘアケア製品などで頭皮の毛穴が詰まってしまうと、髪は生えてきたくてもなかなか生えてこれなくなってしまいます。頭皮は皮脂や汗の分泌量も多い場所なので、毎日でもシャンプーして頭皮ケアはしておきたいですよね。

 

しかし、キレイに洗わないのも問題ですが、洗いすぎも問題になるので注意しましょう。洗浄力が強いシャンプーで頻繁に洗いすぎたりゴシゴシと力を入れて洗ってしまうと、肌に必要な皮脂までも取ってしまうためにかえって皮脂分泌が活発になり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。毎日シャンプーしても、マイルドなシャンプーを使って丁寧に優しく洗うようにしましょう。

 

紫外線による頭皮の乾燥も抜け毛の原因となります。肌が乾燥すると表面の角質が硬くなってしまい、髪が生えにくくなってしまいます。頭皮にはスプレータイプの日焼け止めを付けるか、帽子をかぶったりして日焼けしないようにしてくださいね。

 

女性の抜け毛の原因と予防法

1日に100本程度なら髪が抜けても問題ないと言われていますが、ホルモンバランスが崩れてしまうことが原因となっている抜け毛の場合には、髪の毛周期によって抜けた毛穴から新しい髪が生えてこないために抜け毛が進行してしまうということも考えられます。そのため、髪がどのぐらい抜けているのかに関わらず、普段から抜け毛予防の対策を行っておいたほうが良いかもしれません。

 

女性の抜け毛は、疲れやストレスなどが原因でホルモンバランスが崩れているために起きることが多いと言われています。この場合、疲れやストレスなどを解消できればホルモンバランスも少しずつ改善されていくので、普段から疲れやストレスなどを蓄積しすぎないように心がけることが大切です。理想的な抜け毛予防策としては、毎日7時間の睡眠時間を確保すること。眠ることによって意識しなくても疲れやストレスは解消できます。新陳代謝によってホルモンバランスも改善されるので、自然な抜け毛予防になりますね。

 

不規則な生活習慣や食生活によって、頭皮の血行不良が抜け毛を引き起こすこともあります。頭皮の血管は毛細血管が多いので、ちょっとしたことが原因で詰まりやすかったり、血液が十分に行き渡らなくなってしまうこともあります。そうならないように、普段から脂質や糖質はできるだけ控えて、ミネラルやビタミンを中心とした食生活を心がけるようにしましょう。また、血行を促進するための頭皮マッサージなどもおすすめですよ。

 

抜け毛が気になり始めると、その事ばかりが心配になって、ストレスをため込んでしまうことにもなってしまいます。ストレスは万病の元であると同時に、抜け毛の元でもあります。髪が抜けてもあまり気にせずに、おおらかな気持ちで生活することが、ストレスによる抜け毛を予防するためには必要不可欠です。「髪が抜けても最後の手段はウィッグがあるわ」ぐらいに考えながら抜け毛予防対策を講じてくださいね。

 

女性の抜け毛の改善方法

抜け毛が気になる女性は急増しています。少し前までは抜け毛や薄毛は老化現象として扱われていましたが、近年ではストレスや疲労によってホルモンバランスを崩し、それが抜け毛を引き起こすケースも増えています。更年期やホルモンバランスを崩しやすい年齢の人は特に抜け毛になりやすいので注意が必要ですが、抜け毛や薄毛とは縁がないように感じる20代の若い女性でも、最近では抜け毛や薄毛のトラブルを抱える人が増えているようです。

 

女性はもともと女性ホルモンが分泌されているので、抜け毛の原因を取り除けば髪が自然に生えやすい頭皮環境を作ることができます。原因がどこにあるかわからない人は、普段の生活の中で改善できそうな工夫をいろいろトライしてみるのも良いでしょう。

 

■シャンプー
シャンプーはあまり力を入れてゴシゴシしないようにしましょう。爪をたてると気持ちはよいですが、頭皮に傷をつけてしまうので髪や頭皮にとってはNG。指の腹を使ってマッサージするような感じで頭皮を洗ってあげましょう。

 

■ドライヤー
ドライヤーを使うと髪がパサパサになってしまうというのは、ドライヤーで乾かしているのが頭皮ではなく髪だから。ドライヤーを使う時には、頭皮を乾かすようなつもりで使用するのがおすすめです。抜け毛が気になっている人の場合には、お風呂上がりには必ずドライヤーで頭皮を乾かすようにしましょう。

 

■睡眠
睡眠は万薬です。抜け毛や頭皮のトラブルも、毎日規則正しく睡眠時間を確保していれば、自然と改善されていくことが多いようです。夜10時から翌朝2時までは新陳代謝の中でも皮膚の新陳代謝が行われる時間なので、この時間にできるだけ熟睡しているように心がけると、抜け毛も自然に改善されていきます。

 

■ヘアケア
ヘアケア製品を使っている人は、もしかしたら頭皮にもベッタリつけたりしていませんか?頭皮にヘアケア製品が付着すると、その部分の毛穴を詰まらせてしまうかもしれません。スカルプケアは頭皮につけますが、ヘアケアは頭皮にはできるだけ触れずに毛先を中心に髪だけに使うようにしましょう。

 

20代女性の抜け毛対策

女性の抜け毛や薄毛は、ストレスや慢性的な疲れが原因となっていることが多いもの。老化現象としての髪や頭皮のトラブルは、年齢的なことが原因なのでそれなりの年代にならなければ経験することはありません。しかし、最近では、抜け毛や薄毛などの老化現象とは無縁とも思える20代の女性でも、抜け毛で悩む人が増えていると言われています。

 

髪が1本や2本程度抜けるのは、いたって普通のこと。心配することはありません。しかし、同じ場所から手で鷲掴みにできるほどの量が抜け続けるというのは、もしかしたら脱毛症かもしれません。髪にも毛周期があるので、退行期に入れば髪は自然にぬけます。1日100本ぐらいなら心配する必要はないと言われていますが、脱毛症になると、抜けた髪の量に驚くほどの量が抜けるので、自分自身でも何かがおかしいと気づくことが多いようです。

 

脱毛症にもいろいろなタイプがあります。円形脱毛症のように頭皮の一部分のみが髪の成長をストップしてしまうこともあれば、特に髪が抜けるというわけではないのに、髪1本1本が細くなってしまうために、全体的に薄くなったように見えるというケースもあります。また、髪の毛周期が停滞期のまま活動を再開しないために髪が生えてこないというケースもあるので、脱毛症と言っても原因を突き止め、それに合わせた治療を行うことが必要となります。

 

女性の抜け毛の中でも多いのは、休止脱毛状態と呼ばれる脱毛症です。これは、ピルを服用していたり、出産によってホルモンバランスが崩れることによって発症する脱毛症ですが、ピルの服用をやめたり種類を変えたり、出産後しばらくするとホルモンバランスは自然に改善されて元の状態へ戻るということも多いようです。ただし、抜け毛に対してストレスを感じてしまうと、それが原因で別の脱毛症につながってしまうこともあるので注意してくださいね。

 

ダイエットなどが原因で栄養バランスが崩れても、抜け毛が起こりやすくなります。髪のトラブルを抱えている人は、ダイエットをするなら運動して脂肪を燃焼させましょう。

 

漢方での女性の抜け毛対策

女性の抜け毛には、ストレスや慢性的な疲れが多いのですが、ほかにもちょっとしたことが原因で女性ホルモンのバランスが崩れ、髪が抜けやすくなってしまうこともあります。女性の抜け毛を治療するためには、原因を取り除くことが必要で、原因を取り除きさえすれば抜け毛も自然に改善されることが多いようです。

 

しかし、原因がはっきりと分かっている人は少ないですよね。原因を突き止める時間と労力を考えただけでも、それがストレスになって薄毛や抜け毛が進行しつぃまうのではないかと、恐怖感すら覚えてしまうのではないでしょうか。

 

そんな人におすすめなのが、漢方を使った抜け毛治療です。女性の薄毛や抜け毛は3つの種類に分類することができます。

 

■1本1本の髪が細くて薄くなるタイプ
血虚(けっきょ)と呼ばれるこのタイプは、髪の1本1本に十分な酸素や栄養成分が行き渡らないことが原因で起きると考えられます。漢方では、髪は血液の延長線上と考えているため、髪の1本1本が細く薄くなる地うことは、十分な血液が行き渡っていないと考えるわけですね。このタイプの抜け毛は、髪のコシやハリがなくなると同時に、髪がパサパサするという症状が現れます。参茸補血丸、婦宝当帰膠、そして十全大補丸などの漢方薬がおすすめです。

 

■老化現象
そろそろ老化現象の年齢かなという人だけでなく、実年齢よりも皮膚年齢や体内年齢が老化している人に多いのが、このタイプ。体内のスピーディすぎる老化をストップさせて、実年齢相応の状態まで戻してあげる漢方薬がおすすめです。青海冬夏泉、紅雪冬花、何首烏末などが効果的です。

 

■頭部に熱がこもっているタイプ
のぼせやすい人や、体温調節が上手にできずに頭部に熱がこもりやすい人は、このタイプになります。頭部の熱を取り除くタイプの漢方薬が有効で、黄連解毒湯や瀉火利湿顆粒などが効果的です。

 

これらの漢方薬は、漢方を取り扱っているショップに相談しながら選びましょう。体内環境を改善することで抜け毛が解消されるので、確実な効果が期待できます。

 

病院治療よる女性の抜け毛対策

女性の薄毛や抜け毛は、病院で治療できるケースもあります。抜け毛や薄毛など髪や頭皮のトラブルを抱える女性が急増している昨今では、頭髪のトラブルのみを専門に取り扱う頭髪治療専門病院の数も急増しています。

 

頭髪治療を専門に取り扱う病院は全国にたくさんありますが、内科や外科などの一般的な診療科と比べるとまだまだ絶対数が少ない特殊診療科目。その為、自宅のそばに頭髪治療のクリニックを見つけることができないという人も少なくありません。これからもっと病院の数が増えて、誰もが気軽に自宅のそばで見つけられるようになるとよいですね。

 

さて、頭髪治療専門病院は、男性の薄毛やハゲだけではなく、女性の抜け毛や薄毛なども取り扱っています。病院自体は外来のみなので小規模なことが多いのですが、男性と女性とで待合室が分かれていたりするなど、デリケートな部分にも配慮されているクリニックが多いようですね。

 

このタイプのクリニックでは、基本的に完全予約となっている病院が多いようです。怪我をしたとか病気になったという非常事態が頭髪に起こるわけではありませんから、予約制のみになっているのかもしれませんね。

 

頭髪の治療のために病院に行くと、まず最初にカウンセリングが行われます。カウンセリングでは、頭皮や血液、毛髪の状態などいろいろなものを検査し、抜け毛の原因がどこにあるのかを調べます。そして、原因に合わせて適切な治療方針が選択されます。最初のカウンセリングは無料で行っている病院も多く、実際に治療を行うかどうかは、カウンセリングの時に紹介される治療プログラムを見ながら決めるようになっているようです。

 

抜け毛の原因が頭皮にある場合でも毛髪にある場合でも、頭髪の治療は1回や2回では終了しません。定期的に治療を受けながら、根気よく治療を続けていくことが必要です。クリニックの多くは、数か月間に及ぶ治療プログラムを作り、それに合わせてクリニックに足を運ぶことになります。健康保険が適用されるというわけではないので、かかる費用はすべて自己負担。病院によっては医療ローンを取り扱っているケースもあるので、興味がある人はぜひ相談してみてくださいね。

 

夏の女性の抜け毛対策

女性の抜け毛は、冬よりも夏に多くなると言われています。なぜだかわかりますか?

 

私たちの体は、外の空気が変わっても体温は一定に保てるように作られています。体温調節の働きをするのは、汗。毛穴から汗を出すことによって、体温が高くなりすぎることを防いでくれるのです。しかし、普段から冷暖房が完備された環境の中で過ごしていると、人間が本来持っている機能が低下してしまい、汗をかきにくい体質になってしまいます。暑くても汗をかかないことは、メイクが崩れにくいというメリットもありますが、体温調整ができないために、体の熱は体内で上昇し、最終的には最も高い位置にある頭皮へ登ってしまいます。

 

頭皮の温度が高くなると、皮膚は高温多湿な状態となってしまい、髪が生えるという点においては頭皮環境が劣悪になってしまいます。ちょっとした原因でも薄毛や抜け毛が一気に進行しやすくなってしまうのです。

 

夏という季節は、 十分に汗をかく人にとっても薄毛や抜け毛など神のトラブルが起こりやすい季節です。これは、夏になると紫外線が強くなるので頭皮が乾燥しやすくなりますし、気温も高くなるので髪で覆われている頭皮はムシムシした高温多湿の状態になってしまうため。ただでさえそういう状況になりやすいうえに、汗をかかない体質になってしまっていれば、それはまさに、髪にとっては薄毛地獄へまっしぐらというわけです。

 

夏の抜け毛や薄毛を予防するためには、暑いときには汗をかく体質を取り戻すことが大切。いつも冷房の効いた快適な部屋の中ばかりで生活するのではなく、夜にはエアコンを止めて窓を開け、たくさん水を飲んでしっかり汗をかく習慣をつけるのも良いでしょう。

 

また、夏という季節が頭皮にダメージを与えないように阻止することも必要です。髪におおわれていると油断しがちですが、頭皮も紫外線を浴びれば日焼けをします。そうならないように、外出するときには帽子をかぶるようにしましょう。髪があるからと言って油断してはいけませんよ。

 

女性の抜け毛 1日何本か?

女性に限ったことではありませんが、髪の抜け毛はある日突然始まるわけではありません。髪には毛周期があり、成長期→退行期→停滞期を繰り返しています。健康な髪の場合、この毛周期に合わせて髪は抜けていきますが、同じ毛穴から新しい髪が生えてくるので、全体の髪の量は減ったような気もしませんし、薄毛の心配も必要ありません。しかし、髪が薄くなってしまうのは、抜けたままの髪が新しく生えてこない場合。

 

髪は誰でも抜けますが、一日にどのぐらいの髪が抜けたら抜け毛の心配をしたほうが良いのでしょうか?

 

お風呂に入った時に、排水溝の部分にたまる髪を見て、「もしかして抜け毛がひどいのかな・・」なんてショックを受けた人もいるかもしれません。健康な髪でも毎日抜けていますが、何本ぐらい抜けるのかは、男性と女性によっても異なりますし、年齢によっても異なります。

 

10代の頃なら1日50本ぐらいしか抜けませんが、40代になると女性の場合には100本ぐらいが抜けるようになります。100本と言ってもショートヘアとロングヘアとでは、手に取った量は全く異なりますから、お風呂の時に排水溝に詰まった髪の量が多いなと感じても、もしかしたらそれはロングヘアのせいかもしれません。あまりクヨクヨしてストレスを感じてしまうのは、かえってよくありません。

 

抜け毛の本数を心配するよりも、抜けた髪の毛根部分をチェックすることで、薄毛や毛髪の異常を見抜くことができます。

 

健康な髪が毛周期によって抜ける場合には、毛根の部分が他の部分よりも少し太めになっていることが多いようです。しかし、ストレスや疲労などが原因の抜け毛の場合、毛根がどこにあるのか良くわからないぐらい、もうこんに向かうほど毛が細く弱弱しくなっているのが特徴。ダイエットなどによる栄養バランスの崩れが原因の場合にも、毛根に向かって毛はヒョロヒョロと細くなってしまう傾向にあります。

 

皮脂分泌が活発すぎて毛穴を詰まらせている場合には、毛温部分にベッタリと皮脂が付着していることが多いようです。この場合、毛穴に詰まっている皮脂を取り除くケアをしたり、食生活を見直すことによって抜け毛を改善できます。

 

女性の抜け毛と更年期の関係

女性の更年期は、それまで主流だった女性ホルモンの分泌が急激に減少すると同時に男性ホルモンが主流となってしまうため、体内では様々な変化が現れるようになります。抜け毛や薄毛など、髪や頭皮に関するトラブルも、更年期には良く起きるようですね。そもそも更年期とは50歳ぐらいで閉経するとしたら、前後5年間ぐらいずつ、つまり45歳から55歳ぐらいまでと言われています。

 

しかし、閉経の年齢は人によって異なりますし、更年期の症状にも個人差があります。同い年の友人が更年期だからと言って自分も同じ症状が出るというわけではありませんし、逆に、まだ更年期の年齢ではないと思っていても、人よりも早く抜け毛や薄毛などの症状が現れることもあるので注意しなければいけません。

 

女性ホルモンには、髪の成長期を長くしたり、髪をより長く育毛するなどの働きをしています。それまでは髪にとってメイン成分として機能していた女性ホルモンが更年期によって少なくなると、体内で代用の成分を見つけられるまでは、女性ホルモンが不足している状態のまま、何とか髪のサイクルを維持しようと体が働きます。しかし、更年期には待てど暮らせど女性ホルモンが補充されるというわけではありませんから、薄毛や抜け毛がどんどん進行してしまうことになります。

 

更年期は誰にでも起きる老化現象なので、それを止めることや回避することはできません。しかし、更年期が来ることはあらかじめ分かっているのですから、体内に更年期による抜け毛や薄毛のダメージを最小限に抑えるための工夫を普段から行いたいですね。

 

おすすめなのは、イソフラボンを積極的に摂取するという方法です。納豆や黄粉、味噌などに含まれているイソフラボンは、体内に入ると女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。毎日の生活の中で積極的に食べたい食品にするとよいでしょう。

 

また、頭皮の血行を良くすることで、頭皮細胞や毛髪細胞に少しでも多くの酸素や栄養成分を送り届けられる頭皮環境を作ることもおすすめです。頭皮マッサージは普段のシャンプータイムを利用して行うのも良いですし、美容院ではプロのヘッドスパを受けるのもおすすめです。血行が良くなれば、薄毛や抜け毛が減少するだけでなく、白髪にもなりにくくなります。

 

女性用抜け毛対策シャンプーの評価と口コミ

女性の抜け毛は、慢性的なストレスや疲れなどによってホルモンバランスが崩れてしまうことが原因となることが多いようです。ホルモンバランスが崩れると皮脂分泌が活発になって頭皮の毛穴を詰まらせてしまったり、シャンプーやコンディショナーが頭皮に必要な皮脂までも取りすぎてしまうことによって皮脂分泌がかえって活発になってしまうことも原因と言われています。

 

抜け毛が気になりだしたら、生活習慣や食生活を改善すると同時に、シャンプーやコンディショナーなどのヘアケアアイテムを見直してみるのも効果的です。最近は抜け毛で悩む女性も増えているので、抜け毛や薄毛対策用のシャンプーなどもたくさんラインナップされています。

 

口コミでも高く評価されている女性におすすめのシャンプーをいくつかご紹介しましょう。

 

リーブ21 アクティシャンプーR
女性のための育毛ブランドとして有名すぎるほどの知名度を持つリーブ。35年にわたる育毛研究は、25万人以上の女性から絶賛されています。リーブ21 アクティシャンプーR は、100%天然成分から作られている女性のための抜け毛予防・育毛シャンプーです

 

■ウーマシャンプー
馬油は女性の発毛や育毛には絶大な効果があることで知られていますが、そんな馬油をたっぷりと配合しているのが、このウーマシャンプー。皮脂や汚れなど抜け毛の原因となる要素を取り除きながら、頭皮環境を改善することで自然に育毛を促してくれる効果が期待できます。満足度が93%と高いのも魅力ですね。30日間の返金保証がついているので、万が一効果が見られない時にも安心です。

 

■リマーユヘアシャンプー
リピーターが多いことでも知られているリマーユヘアシャンプー。天然アミノ酸が頭皮の汚れを洗い落としてくれるので、洗浄力が強すぎて抜け毛や薄毛の原因を増やしてしまう心配もありません。たっぷり2か月間使えるサイズで2173円というリーズナブルな価格設定も魅力です。