育毛剤 生薬WAKAとリッチハーベストローションの比較

育毛剤に配合されている有効成分は、それぞれ異なります。自分の抜け毛や薄毛を原因ごと解消してくれる有効成分と出会えたら、それを長期間使い続けることで確実な育毛効果が期待できます。しかし、どんな有効成分が自分にとって効果があるのかわからない場合には、原因に関わらず多方向から発毛と育毛のアプローチをしてくれる育毛剤を選ぶと良いでしょう。

 

例えば、育毛剤の中でも漢方成分で作られている生薬WAKAは、生薬として東洋医学で活用されている漢方成分の中から、発毛を育毛を促進したり、脱毛など抜け毛の原因となる頭皮環境の改善効果が期待できる成分を8種類厳選して配合している育毛剤です。

 

日本人の体質と相性が良い甘草やセンブリ、オタネニンジン、冬虫夏草、マンネンロウ、ヨモギ、マンネンタケなどの成分を選んでいるので、かぶれたりの心配はほとんどないのが魅力です。その中でも生薬の王様と呼ばれている甘草はたっぷり配合されているので、太くて健康な髪の発毛を促進してくれます。漢方と言うと価格が高いというイメージがありますが、生薬WAKAは通常価格ならボトル一本当たり11000円ですが、定期コースを利用した場合にはディスカウント価格で購入できますし、しかも初回限定なら半額の4400円で購入可能です。

 

一方、リッチハーベストローションに配合されている成分も魅力的です。リッチハーベストローションは、毛母細胞部分に存在していて発毛を宇流IGF-1と言う成分を刺激することで活性化して発毛と育毛を促進するというメカニズムとなっている育毛剤です。

 

IGF-1を刺激する成分には、ラズベリーにたっぷり含まれているラズベリーケトンと言う成分が使われていて、その他にはニコチン酸やビタミンなど、発毛と育毛を促進してくれる有効成分が充実しています。価格も定期コースを利用すれば通常価格8130円の10%オフとリーズナブルに購入できるので、長く続けやすくなっています。どちらの商品も、半年から1年ぐらい継続することで、確実な効果が期待できる優秀な人気育毛剤です。ぜひお試しくださいね!

 

育毛剤 M─1とリッチハーベストローションの比較

育毛剤を選ぶ際には、どんなメカニズムで脱毛をブロックしてくれて、どんな風に毛穴から髪が発毛してくるのか、そのメカニズムもしっかり理解しながら商品選びをしたいものです。例えば、育毛剤として大人気のM─1は、「世界が認めた発毛メカニズム」と呼ばれているマイクロセンサー理論に基づいた方法で発毛と育毛を促進するので、どのような原因で抜け毛や薄毛になっている場合でも、確実に大きな効果が期待できます。

 

発毛シグナルを300%アップしているので、他の育毛剤よりも大きな効果が期待できるマイクロセンサー理論は、2013年にイギリスで開催された世界毛髪研究会議において最優秀プレゼンテーション賞を受賞した実績も持っています。

 

一方、リッチハーベストローションは、岡島博士によって提唱された薬用育毛ローションで、再生医療にも使われているIGF-1育毛理論に基づいたメカニズムで発毛と育毛を促してくれる仕組みになっています。これは、毛母細胞部分にある知覚神経を、ラズベリーに含まれているラズベリーケトンと言う成分によって刺激し、発毛を促すCGRPと言う成分が放出しやすい状態へと環境改善することができるという方法です。科学的に実証されている方法によって発毛を促すことができるので、毎日使い続けることによって誰でも確実な効果が期待できます。

 

さて、この二つの育毛剤の気になる価格ですが、M─1はボトル1本当たり1ヶ月から1か月半ぐらい使えて、価格は9800円となっています。購入から1か月以内なら全額返金保証もついているので、万が一トラブルを起こしてしまった場合や、まったく効果を実感できなかった場合などには利用してくださいね。発売開始から45万本以上を売り上げた大人気商品なので、きっとあなたも満足できるはずです。

 

リッチハーベストローションの価格ですが、通常価格はボトル1本当たり8130円なのですが、定期購入を利用することによって10%オフのディスカウント価格で購入できます。初回申し込みならなんと半額近い3888円で購入できるのも嬉しいですね。

 

発毛・育毛ミスト[M-1]のさらに詳しくはこちら