育毛剤 BUBKA(ブブカ)と生薬WAKAの比較

育毛剤を選ぶ際には、どんな部分で決めていますか?コストパフォーマンスでしょうか?それとも配合されている成分でしょうか? それとも、短期間ではっきりとした効果を実感できるとレビューなどで高く評価されている商品で決めていますか?育毛剤を決めるポイントはそれぞれ個人差がありますが、自分の薄毛や抜け毛により確実に効果を発揮してくれる商品を選ぶ際には、いろいろな点から比較検討しながら自分にピッタリのものを見つけたいものです。

 

最強の育毛剤として知られているBUBKAは、男性ホルモンの分泌を抑制することによって、発毛や育毛しやすい頭皮環境へと導いてくれるのが特徴の育毛剤です。一方、資生堂からラインナップされている生薬WAKAは、日本人の頭皮と相性が良い漢方薬の中から生薬を厳選し、高濃度に配合している育毛剤として人気があります。

 

漢方は中国においては2000年以上も長い歴史を持つ東洋医学における医薬品で、体質を改善したり体内のメカニズムを改善することによって、髪が生えやすい頭皮環境や毛髪環境へと導いてくれるのが特徴です。自分自身の力によって髪が生えてくるので、根本的な体質改善が期待できます。

 

BUBKAも生薬WAKAにも、返金保証がついています。BUBKAの場合には30日間、生薬WAKAは90日間の返金保証がついているので、もし使ってみて肌に合わなかったりまったく効果を実感できない場合には、返品を受け付けてもらうことも可能です。メーカーにとっては絶対的な自信があるからこそ成立するこうした返金保証は、肌が繊細な人やアトピーなど、トラブルを起こしやすい肌質の人にとっては大きな安心感につながります。

 

BUBKAと生薬WAKA、価格的にはどちらも1万円超の高級育毛剤です。どちらも確実な発毛効果や育毛効果を実感できるだけでなく、多方向からアプローチするので確実に誰でも効果が表れるという偉大なメリットがあるので、これらの金額は決して高すぎるというわけではありません。

 

この2つの商品を少しでも安く購入したい場合には、生薬WAKAの場合には初回限定に限って、なんとお得な4400円で購入することができます。初回限定なのでおひとり様1回限りですが、まず最初に生薬WAKAを使ってみて使用感を知ってから現品購入したいという人にはぜひおすすめです。

 

育毛剤 Deeper3Dと生薬WAKAの比較

育毛剤に配合されている成分には、西洋医学で認められた成分がギュッと高濃度に凝縮されているものもあれば、東洋医学で認められている漢方系成分が入っているものもあります。どちらが自分の頭皮にあっているのかは実際に使ってみなければ分かりませんが、慢性的な薄毛や抜け毛で悩んでいる人なら、多方向からアプローチできる複数の育毛剤を使ってみることをおすすめします。

 

まず、Deeper3Dは西洋医学の世界で確実な発毛効果や育毛効果が認められた成分がたくさん入っています。例えば成長因子にはKGFやIGFなど、毛髪の生成に必要な成分の分泌や生成を促進してくれるグロースファクターが入っていますが、これらの成分は再生医療にも用いられている優秀な成分なので、確実な効果が期待できます。

 

また、育毛医薬品成分としては大きな作用を持っているキャピキシルと言う成分もたっぷり配合されているので、どんな原因で薄毛や抜け毛になった人でも、多方向からアプローチすることによって確実な育毛効果と発毛効果が期待できます。

 

一方、生薬WAKAは、東洋医学で認められた漢方成分がたっぷりバランスよく配合されている育毛剤です。水を一滴も使っていない育毛剤で、使用感はトロトロ。入っている成分はオタネニンジンや冬虫夏草、ヨモギ、甘草、センブリ、セイヨウハッカ、マンネンロウ、マンネンタケなど優秀なものが厳選されていて、バランスよく配合されています。

 

漢方成分は薄毛や抜け毛の原因を突き止めて改善するというものではなく、頭皮環境を改善することによって、髪が自分で生えて伸びやすい環境を作ることができます。そのため、頭皮環境を根本的な部分で改善できるので、ある一定期間使って体質が改善されれば、使用をやめてもそのまま効果を維持することも十分に可能なのです。

 

西洋医学成分も東洋医学成分も、どちらも大きな発毛効果や育毛効果が期待できます。どちらも、1回や2回の使用で劇的な効果を実感できるというわけではなく、少なくても半年〜1年ぐらいは継続して使用することがおススメ。根気よく続けることで、髪が自然にフサフサを取り戻すことができます。

 

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dのさらに詳しくはこちら